会社案内

ナカムラ酵素の商品紹介

清酒の醸造技術から生まれた健康飲料 「癒成元」 中村菌の発酵技術と植物のもつ自然の力。一日一杯を明日の元気の源に。
杜氏たちの言葉をヒントに、中村菌熟成発酵液を開発。

私達の体内では、常に無数の化学反応が進行しています。それらが円滑に行われている時、身体の諸機能は正しく働いています。そして、その為には酵素という「生体触媒」の活躍が必要なのです。「“生命の謎”は、酵素に潜んでいる」というほど、重要な酵素に世界中の生化学者の関心は高まり、研究が進められています。古来、百薬の長と言われる日本独特の清酒の醸造法は、複式培養法による発酵化学の一分野です。ナカムラ酵素の前身であった(株)中村菌化学研究所・所長中村宇吉は、複式培養における酵素の働きの特異性に着眼し、分離した麹菌と酵母菌を接触培養することにより、培養液中に複合菌(仮称中村菌)を発生、得ることに成功しました。この培養法をさらに研究し、進化させ、長期間熟成培養させたものが弊社の誇る「中村菌熟成発酵液」です。この中村菌熟成発酵液を主成分とする医薬品・ユナルゲン(効能:身体諸機能の増進、腺病質の改善、気管支喘息、強壮、火傷、皮膚炎 など)を平成14年まで60年あまり製造しておりました。そしてその過程でたくさんのお客様から、喜びのお声を頂戴し、経験を生かし、新しく研究開発された中村菌製剤が「癒成元」なのです。弊社は、予防医学というものを大切に考えています。ある程度の病気なら自分自身の力で治してしまうような、強い身体づくりをお客様に提供できればと願っているのです。この「癒成元」には、皆様の健康維持、予防医学という観点から弊社創立以来のたくさんの技術と知恵が注ぎ込まれております。小さなお子様からお年寄りの方まで、安心して使用することができます。毎日の健康づくりにお役立てください。

「癒成元」のできるまで
各原料こだわりの調整

中村菌熟成発酵液 5年の歳月をかけて熟成発酵

特別な米ぬかに米こうじと100年熟成の酒かすを加え、冬の一番寒いといわれている大寒の寅の日に「音羽の水」を入れ、熟成発酵させてつくります。寝かせるほどに味や香りに深みを増す高級ワインのように、5年もの歳月をかけて熟成発酵させています。

植物濃縮エキス 自然の宝「本草」を配合

「癒成元」には、朝鮮人参、カンゾウ、ウイキョウ、ケイヒ、チョウジといった昔ながらの本草を配合しました。成分や独特の芳香、深みのある味わいを出すために、低温でじっくり煮出しています。

音羽の水 創業時から受け継がれる名水

中村菌熟成発酵液をつくる際に用いる水には、「音羽の水」を使用しています。京都清水寺にある音羽の滝と同じ伏流水で、ミネラル含量、バランス共に優れた軟水。当社が150余年もの間、醸造用に使用してきた天然水です。

癒成元の特長 
培養タンク

「癒成元」という名は読んで字のごとく、病気や傷を癒して、元気に成るということを意味しています。これは一人でも多くの方に、身体の芯から元気になって健康を維持していただきたいという開発意図がそのまま商品名となったもので、5年熟成の原液・中村菌熟成発酵液や朝鮮人参、カンゾウ、ウイキョウ、ケイヒ、チョウジなど本草の他に、乳果オリゴ糖や麦芽エキスなども配合しています。


  • 癒成元
  • カイカ・カンロ・ミズキ
  • 化粧品シリーズ
  • コラーゲンパウダーG Red〈レッド〉